デザイナーがおすすめ!使いやすい無料写真素材サイトまとめ

こんにちは。在日台湾人デザイナーのヨウソウシです。

デザインの仕事はもちろん、営業・プレゼン資料やブログのアイキャッチ画像などを作成している時、写真やイラストなどどうしても素材をネットで探す時はありますね。ネットはとても便利で、国内外の無料素材サイトをググればいくらでもありますが、使い応えのないサイトは、なかなか再訪できないですね。

この記事は特に非デザイナーの方々に向けて、私がデザイン現場で何度も使っている無料素材サイトを紹介したいと思います。それぞれの使い方や特徴なども簡単に説明できればなと思いますので、ぜひ参考してみてください。

次の内容はあくまで私個人の経験と感覚値をもとに書いたものなので、必ずしも「絶対」とは言えないのでご了承ください。

スポンサーリンク

1.photoAC

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK
無料写真素材を提供する「写真AC」のフリー写真素材は、個人、商用を問わず無料でお使いいただけます。クレジット表記やリンクは一切不要です。Web、DTP、動画などの写真素材としてお使いください。

おすすめ度:★★★★

素材豊富度:★★★★★

素材クオリティー:★★

日本人素材:★★★★

どんなカテゴリーでも豊富な素材があるphotoAC。私的に一番使っているサイトです。素人のような写真も沢山存在しているので、慎重に選びましょう。ダウンロードするには会員登録が必須で、Mサイズ以上の写真は一日一枚のダウンロード制限があります。

2.PAKUTASO

「ぱくたそ」は、会員登録せずに今すぐダウンロードできる無料の写真素材・AI画像素材のフリー素材サイトです。一部を有料販売したり、枚数制限による課金など一切ありません。美しい日本の風景を中心に人物やテクスチャーなどの写真とAIで生成した背景画像の素材を配布しています。2024年4月16日現在、53,362枚の写真を掲載中...

おすすめ度:★★★★

素材豊富度:★★★

素材クオリティー:★★★★

日本人素材:★★★★

「どっかで見たことある!」といったモデルさんが沢山登録され、テーマ別のシリーズ写真はとても豊富で、日本人素材を探すならPAKUTASOは絶対間違いません。人物以外の素材も沢山あり、更新頻度も高いとても優秀なサイトです。

ぱくたそフリー素材

3.pixabay

https://pixabay.com/

おすすめ度:★★★

素材豊富度:★★★

素材クオリティー:★★★★

日本人素材:★

写真素材が豊富ですが、日本人素材はほぼありません。欧米風の素材探しには最適。写真のクオリティーが高く、ちょっと非現実のような世界観にも感じますが、ブログのアイキャッチ画像などにはとてもピッタリです。

4.freepik

Freepik | Create great designs, faster
Millions of free graphic resources. ✓ Photos ✓ AI images ✓ Vectors ✓ Icons ✓ Templates ✓ Videos. Find out about our real-time AI art generator. #freepik

おすすめ度:★★

素材豊富度:★★★★★

素材クオリティー:★★★★★

日本人素材:★

素材はとても豊富で、デザイナー向けのPSDとAIデータもあります!が、あまりおすすめできないのは、海外のサイトのため、検索は「英語」のみ。英語苦手の方に不向きのと、日本人素材はほぼないのは残念です。

5.food.foto

食材・料理や野菜・果物のフリー写真素材 無料画像のフード・フォト
食材・料理のフリー写真素材 無料画像のフード・フォト プロカメラマンが撮り下ろした果物・野菜などの食材や料理・食器、ドリンク・飲料などを無料でフリー画像素材として公開。高解像度・高画質のフードイメージ写真素材が全て無料!

おすすめ度:★★

素材豊富度:★

素材クオリティー:★★★★

食材、料理、ドリンクなどの写真ならfood.fotoです!食べ物関連のみのサイトで、ニッチな層になりますが、写真のクオリティーが高く、全て白背景で汎用性が高いところはとても魅力があります。

おまけ

https://unsplash.com/

おすすめ度:★★★★★

素材豊富度:★★

素材クオリティー:★★★★★

風景写真がメインで、非常にクオリティーの高い写真を沢山提供しているサイトです。ですが、バリエーションが少なく、検索も英語のみで、素材サイトとしては使いにくいです。私的にはPCのバックグランド探しとして使っています。目的を持って「こういう写真を探したい!」というより、流し見で「この写真がいい感じ!」というノリかなと思います。

以上になりますがいかがでしょうか?どんな素材サイトでも使いこなせばあなたに最適なサイトになります。とりあえず色々使ってみて、自分に適しているサイトを探してみてください。

スポンサーリンク
トップへ戻る